ペットの高齢化が進む?

ペットの高齢化が進む?

日本は高齢化社会を迎え、高年齢者の人口割合が増えています。
それと比例するかのように、ペットも高齢化が進んでいると言われています。
このような背景となったのは、犬などのペットに対する環境の変化があるでしょう。今までは屋外で飼っていたのが、屋内で飼うことが多くなり、自然環境に左右されない好環境になったことです。また、食生活においてもより高栄養なペットフードなどを与え、健康面においても改善が見られているようです。

さらに医療やそのケア体制の拡充にともない、ペットの寿命が延びる傾向にあるということでしょう。
このようなことから、犬を飼っている家庭の場合、高齢化の目安とされている15歳以上の犬を飼っているところが増えているそうです。それにともない、人間と同様、痴呆犬などの世話も必要となってきました。しかしながら、飼い主である人間も高齢を迎え、その様な世話が難しくなり、各自治体などへ引き取りを依頼するケースもあり、今後増加傾向にあるそうです。経済的な理由からや、環境が変わり飼えなくなったなど、今までの依頼内容とは違うこのような内容での依頼が特に増えているとのことです。

そして深刻な問題となっているのが、一人暮らしの人たちが孤独死されたり、入院されることでペットが取り残されるケースが増え続けているそうです。
取り残されたペットは幸運も助かるケースもありますが、飼い主を亡くしたショックは大きく、怯えなどの症状があり、心に負った傷は深いものがあります。

このように人間とペットの高齢化という現実があり、我々ペットを飼う人間としては、いかに最期まで一緒に暮らしてやるかが今後の大きな課題となっています。それはペットを飼う飼い主として当然の責任です。途中でその責任から逃れ放棄してしまうことは、人間の身勝手な考えで、結局犠牲になるのはペットなんです。せっかく心身ともに癒してくれるペットを最期まで大切にしてやることが私たちの使命なんですね。

    人気ランキング

  • 映像に挿し込む写真の加工や映像の修正対応を何度でも無料で行なってくれるプロフィールビデオ制作会社を探しているなら、多額な宣伝費や無駄な経費を極力抑えている分料金を安くしている会社なのでオススメです。

Copyright(C) ペット大好き!初めてのペット All Rights Reserved.