ペットも太りすぎ!

ペットも太りすぎ!

ペットの生活環境の改善により、より長生きするようになったペットですが、その反面贅沢な暮らしから肥満などの原因から人間と同じ、糖尿病や高血圧を抱えるペットが増えていく傾向があるそうです。

犬や猫などを始め、最近のペットは愛玩動物的な接し方をする飼い主も見られ、ペットの健康を意識した育て方を忘れている飼い主もいるようです。
その一番の原因としては高カロリー食を与えていること。かわいいペットのためと思い、高カロリー・高栄養のフードを与えがちになります。その分カロリーを消費するべく、散歩などに連れて行ってあげればいいのですが、そんな時間はなく、とてもできないという飼い主も。でもほんとにペットのことを考えると夜遅くでも散歩に連れて行く必要があります。それを怠ったばかりに、カロリー過多で、ペットに脂肪が付き、肥満犬や肥満猫になってしまうのです。

特に犬の場合は、散歩などの運動は欠かせず、それを怠ると肥満に繋がりやすく、また、様々な病気にもなる可能性が高くなるようです。

しかも最近は太り方の度合いが上がっているとのことで、これが進むと、高血圧や、糖尿病などのリスクが増大し、ペットの寿命も3年近くは縮まるとのことです。
もう一つの問題としてあげるのは、飼い主自体がペットの肥満に気付かないケースです。毎日一緒に過ごすことでその変化に気付くことなく接していたりします。そして他の理由でペット病院に連れて行ったときに、医師から指摘され、気付いたりするのです。

これを防ぐには、ペットの食べ過ぎと運動不足を解消してやるしかありません。
今、海外も含め、日本でも飼い主のダイエットと犬の散歩という二つの目的を一緒にできることを楽しむ飼い主が増えています。飼い主も加齢と共に運動不足となり、肥満傾向になります。それを解消する意味でもペットとの散歩は有意義なものですね。清々しい朝に散歩した後の朝食は格別に美味しいそうですよ。
是非チャレンジしてみる価値がありそうですね。

    Copyright(C) ペット大好き!初めてのペット All Rights Reserved.