ペットを飼うきっかけは

ペットを飼うきっかけは

犬や猫に限らず、多くの人たちがペットを飼っている時代となりました。
そのペットを飼うきっかけとはどのようなことからでしょうか。ちょっと気になりますね。
日本で一番ペットを飼っている種類で多いのが犬です。その次がやはり猫になります。これらのペットを飼う理由は、意外と偶然から飼うケースが多いようです。

ある調査期間が調査したペットを飼うきっかけとなったことを聞いてみると、
何と1位が「捨て猫を拾ったから」という結果でした。これは日本人の優しさを感じますよね。そのまま見過ごしていられない。何とかしてあげたいという気持ちから結局家で飼い始めるということになるのでしょうね。
次も偶然からというか、「友人や知人から譲り受けた」というものです。自分ではその気はなかったものの、友人などから「家で子猫が生まれたから、いらない?」などと声をかけられ、せっかくなので「これを機会に飼ってみようか」となるようです。
そして「家に野良猫が住み着いたから」という答えも多かったそうです。このように明確にペットを飼いたいというよりも、偶然的に飼うようになったというケースが多いというのは意外ですね。
得てしてそういうものなのかもしれません。これもペットとの縁があったということでしょうか。

さらに衝動的にペットを飼いたくなったという意見も。これはTV番組で動物たちが紹介されたことをきっかけに飼ってみたいと思う人も少なくないようです。その仕草や愛らしさは、だれもが癒されますからね。その様に衝動的になるのも分かる気がしないわけでもありませんね。
ペットショップに立ち寄ったときにそのペットに一目惚れしたケースもあり、誰しもそのかわいさには負けてしまうようです。

    Copyright(C) ペット大好き!初めてのペット All Rights Reserved.